起業するなら要チェック!教育ビジネスを成功させるポイント

成功の秘訣は視点にアリ

どんな視点で教育ビジネスを見ていくべき?

少しずつ利益が出始めると、これからのビジョンやビジネスのあり方を考える様になります。教育ビジネスは教育という目に見えないものを提供していますし、教えると言うのがポイントになるので人によっては教育者・経営者として別れます。
例えば学習塾をしていて、一人だけ付いていけないお子さんがいたと仮定します。そのお子さんの為に身銭を切ったり、無料で学力向上の為にアクションを起こしたりする。またはお子さんは今のコースについていけないので、面談を重ね納得出来るコースに変更して頂く。
どちらも正解ですし、ビジネスの形によっても違います。ただこの質問で前者は教育者タイプなので人間味のあるサービスを提供し利益を上げるのが良いです。後者は経営者タイプなので徹底したカリキュラムやノウハウを構築していくのがベストです。

利用者にビジネスが目的と悟られてはNG

多くの方が頭の片隅で思っている「教育は穢れていない。」と言うイメージは、教育ビジネスでとても重要です。ここで指す穢れは金銭的や、サービスの利用者が利益の源だと悟られる事です。ビジネスなのだから当然利益が必要ですし、ほとんどの方が知っているのですが頭ごなしにアピールするのは悪手です。
極端な話しですが教育を提供する側は、ビジネスや利益では無く相手の事を考えて提供すると言うのが好まれます。ボランティアといい、利益を求めていないスタンスといい人の気持ちをうまく反らした上で、アピールしたいポイントを持っていかなければならないのが教育ビジネスの難しいところです。
しかしそれを乗り切ると安定した利益を得られるので、脚の踏ん張りどころです。


この記事をシェアする